読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルとしてプラスアピールになるのか否か

アイドルとしてプラスアピールになるのか否か、AKB48小嶋菜月がまさかの発言をしてファンたちに大きな衝撃を与えている。

 9月13日に放送されたAKBの冠番組AKBINGO!」(日本テレビ系)では「AKB48のNO.1愛犬家は誰だ?」と題した企画が放送され、我こそはAKBグループイチの愛犬家を名乗るメンバーたちが、自慢の愛犬を連れてスタジオに登場。

 小嶋も愛してやまないトイプードルのキャンディちゃんを引き連れ、普段のスキンシップを再現してみせたのだが、キャンディちゃんへの愛情が異常すぎたと話題になっている。その中身はといえば、キャンディちゃんとのキスは当然、自分の顔を踏ませたり、おなかの匂いをかいだりという過剰すぎる愛情表現だったhttp://toyao.net/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=2950
http://www.kujyou.net/modules/d3forum/index.php?post_id=952


 ところが、小嶋はいつもよりも控えめな絡みだったと説明。普段は下の穴のニオイも嗅いでいると仰天告白。しかもMCのウーマンラッシュアワー村本大輔がフンをした後かもしれないとツッコむと、小嶋はそれすらも大好きで、たとえフンが顔についても全然平気だと自信満々にコメント。共演者全員を一斉にドン引きさせた。

「小嶋はキャンディちゃんのフンの香りを一日中嗅ぎながら過ごしたいと、常軌を逸した発言も披露していましたから、相当な愛情ですね。しかも好きな人ならOKということで、たとえ彼氏のそれでも顔に付けられると発言内容はどんどんエスカレート。ファンたちは笑いを通り越して困惑する一方だったようです」(アイドル誌記者)

 この一連の発言にネット民が黙っているわけがない。…
「これは朗報」「ぜひ、彼氏に立候補したい」「正直顔も知らなかったが、キミこそ俺が捜し求めていた人」など、一部のマニアが大盛り上がり。一方で大半のノーマル嗜好のファンは「聞いていて気絶しそうだった。衝撃的すぎる」「まさかそんな趣味があったとは‥‥」と、ショックを受けたようだ。
 AKB卒業後に熱愛発覚ともなれば、この時の発言を誰もが思い返すかもしれない?

http://yamushokey.com/xoops78/modules/d3forum/index.php?post_id=364
http://63kai.ppc.jp/modules/forum/index.php?post_id=1973

9月20日、文化放送が定例の社長会見を開き

9月20日、文化放送が定例の社長会見を開き、毎週木曜21時30分から放送中の「稲垣吾郎STOP THE SMAP」について、来年1月以降の放送が未定であると説明したhttp://gi-p.jp/com/html/modules/d3forum/index.php?post_id=43
http://familypark.life.coocan.jp/white/modules/d3forum/index.php?post_id=54


 91年10月にSMAPメンバー全員が出演する形でスタートし、現在は稲垣が個人で出演しているこの番組。今後について三木明博社長は「総合的に判断して番組をどうするか、編成を含めて全社的に考えて決めたい」とした。

 この報道に、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っている。

「稲垣の声が聞こえる貴重な番組ですからね。SMAPは解散しても個人の活動は続けるはずなのに、存続の明言を避けた言い回しに、ファンは敏感に反応しています。『事務所の圧力がかかり始めた?』『タイトルを変えても続けてほしい』『“総合的に判断”って言い方が嫌だ』など、警戒、嘆願の言葉が多数書き込まれています」(芸能ライター)

 今回の会見から、存続を危惧する見方もある。

「『編成を含めて全社的に考えて決めたい』の言葉が気になります。ジャニーズの出演番組は事務所の意向が強く働きますからね。もし“SMAP”の名称が使えなくなるとしても、ジャニーズ事務所がGOなら番組名を変えて続けることはたやすいはずです。それが、あくまで“文化放送の判断で”決めると言っているところに、年内での番組終了、そしてそれがジャニーズによる稲垣の締め付けではないと主張するための布石のように見えてしまいます」(女性誌記者)

 25年にわたってファンとのつながりとなった番組だけに、今後も続けてほしいものだが。

http://www.office-noguchi.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=8622
http://www.digipract.com/colors/modules/d3forum/index.php?post_id=589

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」(仙石みなみ=25、古川小夏=24、森咲樹=22、佐藤綾乃=21、佐保明梨=21、関根梓=20、新井愛瞳=18)が22日、静岡県西伊豆の秘境でライブ「陸の孤島 秘境LIVE鑑賞ツアー2016」を行った。

 これまでに富士山頂やホノルルマラソン完走直後のライブを行ってきたアスリート系アイドルのアプガがアイドル史上初、西伊豆秘境でのライブに挑戦した。

http://fjmovie.la.coocan.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=1087
http://piano-search.1st-net.net/modules/weblinks/singlelink.php?&lid=87

 セットもすべて手作り。前日から秘境にわたり、準備を整えた。参加した100人のファンに向けて、ウエルカムドリンクならぬ、手作りの「ウエルカムカレー」で歓迎。ライブでは10月11日発売の新曲「!!!!!!!!(バンバンバン)」や「君という仮説」も披露した。佐保は演出にない破天荒ぶりでステージを飛び出し、ステージ裏の山中を駆け回り「自分の中の野生が目覚めた。すごく楽しかった!」と無邪気な笑みを浮かべた。

 11月8日にはグループ初の日本武道館公演を控える。森は「無謀だと思ったけど、このステージをやって大丈夫だと。自分たちらしさを出したい」と意気込む。古川は「こういう自由なステージだと、うちらは得意だけど、大きい舞台だと緊張する。もうちょっとそういう部分もレベルアップさせたい」と気を引き締めた。

http://war.kill.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=752
http://www.denkikon.net/community/modules/d3forum/index.php?post_id=2286

女子バレーボール選手の木村沙織(30)がインドアの全日本女子代表を引退し

女子バレーボール選手の木村沙織(30)がインドアの全日本女子代表を引退し、今度はビーチバレー選手として活躍しそうだ。


木村は高校時代に日本代表選手になり、エースアタッカーとして活躍した。2012年のロンドン五輪では銅メダルに貢献。今夏のリオデジャネイロ五輪にはキャプテンとして出場した。惜しくもメダルを逃したが、その人気は衰え知らずだhttp://www4.hp-ez.com/hp/dfdfgghaer
http://dfdfgghaer.your-canvas.net/



「木村自身も言っているのですが、リオ五輪のキャプテンを引き受ける気はなかったようです。ただ、現実に木村抜きの全日本も考えにくかった。今回の五輪で退任が濃厚な眞鍋政義監督の強い要請で引き受けた経緯があります」(スポーツ紙記者)


リオ五輪で日本は5位だった。若手選手の著しい台頭がなかったことを考えれば、この成績は木村の力によるところが大きい。


「眞鍋氏も辞任するだろうし、木村も代表を引退する予定です。年齢もバレーボール選手としては限界が近い。本当にお疲れさまという感じです」(同)


現在、彼女はプロとして『東レ・アローズ』に所属している。今後もバレーボールは続けるようだ。


「インドアバレーを続ける考えですが、ビーチバレーから熱心に誘われています。同じ会社に所属し、プロのビーチバレー選手として活動すれば、最高に会社の宣伝になります」(バレーボール雑誌編集者)


木村は身長185cmだが、世界トップレベルのアタッカーから見れば小柄な部類だ。それをスパイクの強さと、判断力の速さで、世界のアタッカーに肩を並べる活躍をしてきた。…

そのテクニックはビーチバレーでより生かされるという。

「ビーチバレーでは、木村は相当大柄な部類に入ります。しかもペアでやるスポーツですから、トスがどう上がるかによって、そのときどきで打ち方を変えるのです。技巧派の木村に向いています」(同)


さらに、木村がビーチバレーに転向すれば、いままで以上に人気になる要素がある。


「週刊誌や写真誌などで特集が組まれるほど、木村は男性人気が高い。グラビアアイドルに負けないような体つきをしています。それが露出の高いビーチバレーのユニホームになるのですから、男性ファンはより一層増えるでしょう」(写真誌記者)

http://www.minkita.net/modules/d3forum/index.php?post_id=1789
http://samurai47.com/modules/d3forum/index.php?post_id=412

思いっ切り敵と戦いたいときに、過去の思い出にしんみりしてしまったり

思いっ切り敵と戦いたいときに、過去の思い出にしんみりしてしまったり…。それが何だかおもしろおかしい。
 邪悪なヒロイン、ハーレイ・クインを演じるのは、『ターザン』のジェーン役、マーゴット・ロビー。最初はでんぐり返しもできず弱音を吐いていたのに、バク転やすごい技で魅了してくれます。これは撮影に入る前の猛特訓の賜物らしいです。また、他のワルたちも同じジムでトレーニングをしたから、チームの結束力と仲間意識はすごいhttp://www.sun-marche.com/blog/writer/481
http://cogoole.jp/searches/blog/522

 アメコミは、男性には好きな方も多いですが、今回は女性のキャラクターが大活躍だから、女性の方も楽しめます。たまには彼女や奥さんと一緒に、映画館で楽しんでください!

画像提供元:(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

■『スーサイド・スクワッド
監督・脚本/デヴィッド・エアー 出演/ウィル・スミス、ジャレッド・レトマーゴット・ロビージョエル・キナマンヴィオラ・デイヴィスジェイ・コートニー、ジェイ・ヘルナンデス他 配給/ワーナー・ブラザース映画 丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開中。■アメコミ出版社DCコミック『スーサイド・スクワッド』を実写化。迫りくる世界崩壊の危機を前に政府は、バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄された悪役たちを、減刑と引き換えに自殺部隊へ入隊させた。…
最強のスナイパーであるデッドショットや、狂気の道化師ハーレイ・クイン、軍人リック・フラッグらが悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド"を結成。思いがけず“正義のヒーロー"を任された彼らは、世界を救うことができるのか…。

LiLiCo:映画コメンテーター。ストックホルム出身、スウェーデン人の父と日本人の母を持つ。18歳で来日、1989年から芸能活動をスタート。TBS「大様のブランチ」「水曜プレミア」、CX「ノンストップ」などにレギュラー出演。ほかにもラジオ、トークショー、声優などマルチに活躍中。

https://eesite.me/CRAvWUSqKc
http://dfdfgghaer.amsstudio.jp/